人気ブログランキング |

たまの・港フェスティバル

明日18日と、19日の2日間は、玉野港フェスティバルです。
宇野港に自衛隊や海上保安庁のすごい船が着いています。
瀬戸内国際芸術祭も春会期が始まったばかりなのもあって
すごい人出になるのではと思います。

明日は8のつく日でいつもはお休みですが、開店します。
300円以上のお買い物を2店舗でしていただくと
ガラガラ抽選でお買いもの券が当たる「築港わくわくスタンプラリー」やってます。
築港商店街をぶらぶらして、商品券をゲットしてください!!

d0293948_23253358.jpg











きれを2枚合わせにしてネップのある糸でぐし縫いしたもの。
たて書きの手紙のように見えます。




# by pirkapir | 2019-05-17 23:53 | いろいろ

捨てられない

Tシャツのほころびを修理するお仕事を承りました。
「穴の上にミシンでばってん」のご依頼だったので
いろいろ試しました。
足踏みミシンは速度がゆっくりなので、こういう縫い方をするときは
ミシンと息を合わせてやってる感じで楽しいです。
d0293948_22213788.jpg











こういう布きれも捨てられなくて長いことそばにあったりします。
いつか何かに使うことはないと思いますが。




# by pirkapir | 2019-05-16 22:36 | なんでもない

手織りの生地


d0293948_23311524.jpg

   染織作家さんの織った生地を仕立てました。
   何年経ってもたぶん、ずっと好きで着続けられます。
   生地の力がすごい。
   こういう手仕事の生地がずっと作られてほしいと思います。

   生地に限らず、「本物」が堂々と大っぴらに出回る
   世の中になればいいなあ。
  
 
  
  
  

# by pirkapir | 2019-04-21 00:49 | 仕事

いつか誰かが

着物の生地を家で織っていた時代もあったそうで、
いつか、誰かが、機織り機でとんとんと織ったものかも。
ベージュから茶色のグラデーションになっていて
小さい十字の絣模様が全面に入っている。

試行錯誤して、できあがって、仕立てて自分で着たのなら、
その人はすごく楽しく着たのではないかな。
紺系の横縞の帯や、赤茶色の花や草の文様の帯とか、合いそう、いいな。

着物の片身分で売られていた生地です。
そのままですごく素敵でしたが、できたブラウスもよい。
木口秀一さんの木のペンダントがこれ以上ないくらい合っています。
d0293948_22045992.jpg











写真の撮り方が暗くなってしまって、よさが伝わらないなー
実際はもっと明るいベージュです。


# by pirkapir | 2019-04-16 23:08 | 仕事

好きな形

最近作るブラウスは、どんどんシンプルになって
襟なしの丸首、Tシャツのような形のをよく作りますが、

今回、インド綿のブラウスは襟付きにしてみました。
ショールカラーを作ると、たいていこんな形に収まります。
好きな形です。

ブローチは木口秀一さんの作品です。


d0293948_22505149.jpg












お仕立て、お直し、承ります。

# by pirkapir | 2019-04-13 23:40 | 服のこと